保証人がいないなら家賃保証と連携している不動産会社を探そう

硬貨と人形

レバレッジをかけた投資

男女

リスクを調節できる

マンション経営のメリットの1つは、レバレッジをかけられるということにあります。例えば、1000万円の資金を投入して、5000万円のマンションを購入したとすれば、資金は1000万円しかないのに、5倍のお金を動かしていることになります。少ない資金で大きなお金を動かすことをレバレッジをかけると言いますが、マンション経営の場合には不動産投資ローンがレバレッジの役割を果たすことが多いです。不動産投資ローンは金利が低いですが、それでも大きなお金を長期で借りたらそれなりの利息になってしまいます。5000万円を借りた場合でも、利息が1000万円かかって返済総額が6000万円になってしまうこともあります。分割払いなので、最初の段階で返済総額はわかりますが、予定通りに家賃収入が得られない可能性も考えて、余裕のある返済プランを立てておきましょう。マンション経営においては、リスクを調節することができます。例えば、1000万円の資金があったとして、3000万円の物件を購入するか、5000万円の物件を購入するかといったことは投資家が自由に決められます。リスクの大きさを自分で調節することができることも、マンション経営のメリットになりますが、単純にローンの金額が少なければリスクも少ないというわけではないという点にも注意が必要です。3000万円の物件のほうは将来的に需要が無くなってしまう可能性が高く、一方で5000万円の物件のほうは将来に渡って高い家賃収入を得られることが予想されるのであれば、後者のほうがリスクが低くなることもあります。